地域の学校の歴史

~広尾・新井地域及び相之川地域を学区とする小・中学校及び南行徳地域の県立高校の歴史~

新井小学校

昭和7年(1874年)7月、新井村・現在の広尾1丁目川橋クリーニング店付近に屋敷を構えていた由緒ある「様」の文字がついた屋号・名主様を号する鈴木清兵衛が中心となり、他の村人を誘って新井村延命寺に新井小学校を開校しました。
その後、現在の南行徳図書館のところにあったという「欠真間学校」に大正6~7年頃まで子供たちが通うようになりました。名称は「新井小学校」。
現在の新井小ができる125年も前に、もうひとつの新井小があったということです。

明治7年(1874)7月 鈴木清兵衛が新井村延命寺に新井小学校を開校
明治11年(1878)6月 欠真間小を本校として湊小・新井小は分校となる
昭和22年(1889)5月 湊小は明徳小学校、欠真間小は陽徳小学校と改称
大正9年(1920)3月 両行合併、南行徳小学校と改称
昭和55年(1980)4月 南行徳小学校、富美浜小学校の規模拡大化に対処するため、新井小学校が開校

南行徳小学校

明治6年(1873)3月 行徳小学校欠真間分校として開校
明治6年(1873)10月 拡智小学校と改称(欠真間村)
明治6年(1873)12月 湊小学校開設(湊村)
明治11年(1878)3月 欠真間小学校を本校として、湊・新井小は分校となる
明治22年(1889)4月 新井村、欠真間村、湊村、押切村、湊新田村が合併して南行徳村ができる
明治22年(1889)5月 湊小学校を明徳小学校に、欠真間小学校を陽徳小学校に改称
大正9年(1920)3月 欠真間小(陽徳小)と湊小(明徳小)が合併し、南行徳小学校となる
大正12年(1923)4月 町制施行、南行徳村は東葛飾郡南行徳町になる
昭和30年(1955)3月 南行徳町は市川市に編入
昭和31年(1956)10月 市川市合併、市川市立南行徳小学校になる
昭和50年(1975)4月 新浜小学校を分離
昭和53年(1978)3月 富美浜小学校を分離
昭和55年(1980)3月 新井小学校を分離

南行徳中学校

昭和60年(1985)4月 市立福栄中より2学年のみ生徒281名で分離発足。
入学式挙行(新入生312名)
昭和62年(1987)3月 第1回卒業式挙行(卒業生280名)

千葉県立国府台高等学校葛南分校


~記念碑より(南行徳小学校正門側に設置)~
千葉県立国府台高等学校葛南分校は、1951年4月葛南地域初の高等学校として開校。
葛南地区三町町(行徳・南行徳・浦安)と地元有志の熱意及び千葉県立国府台高等学校長等の支援による。
1981年3月の閉校までに649名の卒業生を社会に送り出した。

千葉県立行徳高等学校

昭和48年(1973) 全日制・普通科課程 開校
昭和53年(1978) 定時制課程を開校


Copyright (C) 広尾自治会 All Rights Reserved.